床下、天井裏の改善

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

営業時間:9:00~17:00

床下、天井裏の改善

床下、天井裏の改善

床下、天井裏の改善

快適な省エネ・健康住宅・高耐久住宅は床下と天井裏の改善から

住まいで最も湿気がたまりやすく結露が起きやすい部分は床下と天井裏です。湿気や結露がある場所はカビ、ダニ木造腐朽菌が繁殖しやすく、カビ、ダニは人の健康を害し、腐朽菌は建物の耐久性を損なう原因をつくります。断熱は建物の住み心地ばかりか人の健康や建物の耐久性にも大きくかかわります。

快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
冬・暖房しながら床下で冷房する家

1

●冬・部屋で暖房しながら床下で冷房する家

一般的な地域の降雨量は年間1500mmもの量に達し、多湿な日本の気候の建物では床下の換気を十分に取らないと家が腐ってしまうとし、床下の換気口の設置を法律で義務付けています。しかし床下に入る外気は決して条件の良い空気ばかりではありません。梅雨時や雨の日は、100%近い高湿度の空気が入り、冬は冷気、夏は多湿で暑い空気が入る、これらの空気は住まいの快適さや建物の耐久性を阻害します。床下に入る冷気は床面を冷やすばかりか床下とつながっている間仕切り壁の空洞部分にも侵入します。断熱材を厚く入れたからと言っても床下から直接侵入する冷気は部屋を冷やし、暖房室と暖房されないトイレや脱衣室などの部屋間に大きな温度差をつくり快適さを損ない人の健康をも害します。また床下に侵入する冬の冷気や夏の暑い多湿な空気は、暖房や冷房された室内の空気と接する部分で大きな温度差をつくり、床下や壁の中で結露を起こす原因となり、土台や柱の根元を傷めます。省エネで快適な住宅、健康で長持ちする高耐久住宅をつくるには床下に外気を入れない工夫が大切です。

快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
夏・冷房しながら天井裏で暖房する家

夏・部屋で冷房しながら天井裏で暖房する家

日本の住宅は天井面に断熱材を入れる天井断熱の家が大半を占めています。天井面に断熱材を施工した家では、夏の日射で60〜70℃にも暖められる屋根面からの熱で天井裏の空気は50〜60℃もの温度に上昇します。この暑い空気は輻射熱となって2階の寝室などに落ち、2階の寝室は夜寝苦しく、天井裏に断熱器具を抱えたまま就寝することと同じ状態になります。冬は天井裏に集まる部屋の暖かい空気と冷やされた屋根面で結露を発生させ屋根を支える野地板や垂木を痛めます。日本の住宅は床下と同様に天井裏も外部環境以下の劣悪な状態です。床下や天井裏の改善をしない限り省エネで快適な健康住宅や高耐久住宅をつくることはできません。
快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
床下の改善は基礎断熱工法(グランドスラブ基礎)

img_ceiling02

快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
床下の改善は基礎断熱工法(グランドスラブ基礎)

img_ceiling03

基礎断熱工法(グランドスラブ基礎)と地熱利用蓄熱基礎

基礎断熱工法(グランドスラブ基礎)とは、建物の足回りの耐久性や床面の冷え、床下に発生するカビやダニ・木材腐朽菌の発生を防ぐために基礎の外周を断熱材ですっぽり覆った基礎のことです。基礎断熱されたグランドスラブ基礎は熱容量が増し室内の暖房熱を蓄え、基礎下の地中から上昇する地中熱を抱え込み床下は年間を通して安定した温度で推移し室温を保ちます。床下の結露や湿気の心配がない木材腐朽菌の発生を抑えた基礎断熱工法の建物の足回りは耐久性が増します
快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
天井裏の改善は屋根ダブル断熱で・天井裏も快適な空間

快適で省エネ・健康・高耐久住宅は床下の改善から
天井裏の改善は屋根ダブル断熱で・天井裏も快適な空間

家の断熱は屋根が最も重要・屋根ダブル断熱

屋根は建物の中で最も熱の出入りが激しく、夏の日射で屋根面は60〜70℃にも達します。天井面に断熱材を入れる天井断熱では天井裏の空間の温度は50℃〜60℃にも達し建物の快適性を奪います。屋根面の熱を天井裏にいれないためにはダブル屋根断熱工法をお勧めします、屋根ダブル断熱工法とは、屋根を支える垂木材の間に断熱材を敷きこみ、垂木の熱橋を抑えるためさらに垂木の上面をもう一重断熱材で覆い、30mm程度の遮熱通気層をつくることで解決します。屋根ダブル断熱工法で作られた屋根裏は快適な空間としてロフトや屋根裏部屋として有効に活用できます。

img_ceiling04

快適で省エネ・健康・高耐久住宅は天井裏の改善から
天井裏に発生する結露

img_ceiling05
img_ceiling06

天井裏に発生する結露

断熱が不十分な建物の屋根裏は冬断熱した熱が天井裏に集まり、外気によって冷やされる屋根面と大きな温度差をつくります。天井裏の暖かい空気は屋根面と接する部分で冷やされて結露を発生させます。一般的な住宅の屋根は、左図のような状況で施工される事から屋根を支える野地板や垂木が結露水により13〜14年程度で痛んでしまうことになります。
快適で省エネ・健康・高耐久住宅は天井裏の改善から
屋根ダブル断熱は長寿命・高耐久住宅

屋根ダブル断熱は長寿命・高耐久住宅

img_ceiling07

屋根で断熱し遮熱通気層を設ける事によって屋根面の冷えと天井裏の暖かい空気が断熱材によって分断され天井裏の暖かい空気は屋根面の冷やされた空気と接する事がなく結露の発生を押さえます。垂木や野地板の面を流れる通気で屋根の構造材の耐久年数を飛躍的に延ばします。

●自然エネルギー利用・エコ・省エネ住宅の施工範囲

<千葉県>
船橋・柏・我孫子・鎌ヶ谷・松戸・流山・習志野・市川・野田・千葉・八千代・四街道・成田・佐倉・酒々井・印西・白井

<茨城県>
取手・守谷・牛久・龍ヶ崎・藤代・つくばみらい・利根町

<埼玉県>
吉川市・草加市・八潮市・三郷市・その他千葉県近隣

<東京都>
江戸川区・葛飾区・足立区・その他千葉県近隣

失敗のない家づくり・いい家を探すお手伝い

●人の健康や暮らしやすい住環境を目指して(千葉のわかる館とグラスランチハウス)

住環境や地球環境の事について「いかに暮らすか」「どのような環境を選択するか」など、暮らしそのものの多様性、クオリティも、より質の高い価値が求められています。暮らし易いデザインやより良い住環境など、日々研究を重ねております。「失敗のない家づくり」「いい家」を探すために、千葉の住まいの勉強館「わかる館」や船橋「グラスランチ・ハウス」を訪ね、暮らしやすい住環境について学習する事を勧めます。

住まいづくりに関する
お問い合わせはこちらへ

住宅環境デザイン研究所

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

TEL: 04-7187-0802

FAX: 04-7188-4341

info@earthty.com

グラスランチハウス事業部(船橋)

〒274-0063 千葉県船橋市習志野台6-18-2

TEL: 047-466-9884

FAX: 047-466-9854

info@grasslunch.com

アースティ事業部(我孫子)

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

TEL: 04-7187-0802

FAX: 04-7188-4341

info@earthty.com

お問い合わせはコチラ

・住所 / 千葉県我孫子市南新木3-2-4 ・営業日 / 9:00~17:00

04-7187-0802

TOP