快適省エネ住宅

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

営業時間:9:00~17:00

快適省エネ住宅

快適省エネ住宅

快適省エネ住宅

省エネ住宅・ダブル外断熱で断熱欠損部分をつくらない

img_energy01

●断熱欠損(断熱材が柱や梁で分断される部分から熱損失)

断熱材によって活かされるものに建物の熱容量があります。建物の構造体、間仕切り壁、床、家具などは温度の上昇と下降に応じて、吸熱、放熱をする能力があります。外断熱で建物を外部からすっぽり覆うと、建物の熱損失が大幅に減り相対的に熱容量が際立って大きくなる事から暖房を止めた後も、建物の構造体や間仕切り壁、床や家具などから放熱、放冷し輻射暖房効果で室温が長時間にわたり保たれるのです。断熱材は熱を遮断する能力はありますが、熱容量はほとんどありません。建物に厚い断熱材を入れたからと言っても、断熱材の熱容量が増えることは期待できません。断熱欠損部分(断熱材が柱や梁で分断される部分)が多い建物では、その部分から起こる熱損失で、相対的に室内各部の熱容量が減り、暖房を止めると急激に室温が下がることになります。
ダブル外断熱で快適・省エネ住宅をつくる、省エネで快適な住宅には明確な断熱区画が大切です。

省エネで快適な住宅には明確な断熱区画が大切

快適な住環境を確保するには、寒さを持込まない、冷気の侵入を断つ、内と外を分ける明確な断熱区画が大切です。壁の中に断熱材を入れる、内断熱工法(充 填工法)で建てられる建物が大半を占めていますが、内断熱工法は、柱や間柱、梁、根太、などの間に断熱材を入れる工法である事から、梁や柱などで断熱材が分断されます。分断されたところにできる断熱欠損部分から冬の冷気や夏の熱気が侵入する。また床下と天井裏を外部とみなし断熱区画する事で、床下換気口を伝って直接床下に入る冷気、冷気は床面を冷し、床下とつながる間仕切壁の空洞部分から部屋の中に侵入します。

●不明確な断熱区画の家は、冬寒く、夏寝苦しい、建物の寿命も縮める

天井裏に断熱材を施工する内断熱工法の家の屋根裏は、夏の日差しを受けて50度~60度にも温度が上昇します。その熱は輻射熱となって二階の部屋に落ち二階の部屋は夏寝苦しい状況となり、冬は天井裏に集まる熱と冷えた屋根との温度差から結露を発生させ、木材腐朽菌の繁殖を助長し、屋根を支える野地板を傷める。この事からも解るように断熱工法によっては明確な断熱区画ができないため、一つの家の中に外部環境が入り込み室内に温度むらをつくる。また断熱材が分断される部分などでは局所的に断熱性能が著しく低下し、断熱欠損を起し壁内結露を誘発する大きな原因ともなります。
ダブル外断熱で快適・省エネ住宅をつくる事により、内断熱工法とは、大きく住み心地が変わります。

img_energy02

断熱工法の違いで住み心地が変わる

img_energy03

建物の断熱工法「内断熱工法(充填断熱工法)」と「外断熱工法(外張断熱工法)」

●外断熱工法は、柱や梁などの構造体の外側から、基礎、外壁、屋根と切れ間なく連続して断熱材で覆い断熱区画をつくる事で、断熱材の欠損部分をつくらないことから建物の熱損失が減り、相対的に建物の熱容量が大きくとれる工法です。基礎の外周や屋根を断熱材で覆い天井裏も床下も部屋の一部と考え断熱を区画します。
断熱区画が明確な建物は結露の心配も少なく、快適な住環境を確保できます。

●内断熱工法は、柱や間柱、梁、根本などの構造体の間に断熱材を入れて施工することから断熱材が分断されて断熱区画が曖昧になり易く、断熱材の欠損部分を作り、建物の熱容量が相対的に低下します。柱や梁で断熱材が分断される部分から冬の冷気や夏の暑さが伝わり易く断熱効率が落ち、壁内に結露を誘発してしまう危険性もあります。また床や天井面に断熱材を施工する事から床下や屋根裏は外部環境となり、床下や屋根裏の結露や住いの快適性を損なう恐れもあります。

工法別・サーモグラフ断熱性能比較

●ダブル外断熱工法(外張り断熱+充填断熱工法)
フェノールフォーム断熱材 30㎜+フェノールフォーム断熱材 40㎜

ダブル外断熱工法は、下記一般外断熱工法のサーモグラフで黄色に示されている部分に、さらに断熱材を充填し二重外断熱とした工法です。このサーモグラフから熱環境が大幅に改善されている事が読み取れます。

img_energy04
img_energy05

外断熱工法(外張り断熱工法)
ポリスチレンフォーム断熱材 50㎜

外断熱工法とは、柱や土台の外側から断熱材で覆う工法です。柱や土台の断熱効果が加算され他の部分より熱環境が良い事をサーモグラフは示しています。

img_energy06
img_energy07

グラスウール断熱材100㎜

内断熱工法とは柱と柱や梁の間に断熱材を充填する工法です。柱や土台の部分から冷たい空気が伝わってくる事が読み取れます。 この部分は室内の暖かい空気と外の冷たい空気が合流し室内の空気が冷やされる事で壁の中で結露を起す危険性があることも示しています。

img_energy08
img_energy09

ダブル外断熱で快適・省エネ住宅をつくる 図で見る断熱工法の違い

img_energy10
img_energy11
img_energy12

●自然エネルギー利用・エコ・省エネ住宅の施工範囲

<千葉県>
船橋・柏・我孫子・鎌ヶ谷・松戸・流山・習志野・市川・野田・千葉・八千代・四街道・成田・佐倉・酒々井・印西・白井

<茨城県>
取手・守谷・牛久・龍ヶ崎・藤代・つくばみらい・利根町

失敗のない家づくり・いい家を探すお手伝い

●人の健康や暮らしやすい住環境を目指して(千葉のわかる館とグラスランチハウス)

住環境や地球環境の事について「いかに暮らすか」「どのような環境を選択するか」など、暮らしそのものの多様性、クオリティも、より質の高い価値が求められています。暮らし易いデザインやより良い住環境など、日々研究を重ねております。「失敗のない家づくり」「いい家」を探すために、我孫子の住まいの勉強館「わかる館」や船橋「グラスランチ・ハウス」を訪ね、暮らしやすい住環境について学習する事を勧めます。

住まいづくりに関する
お問い合わせはこちらへ

株式会社ソーケンアービック

住宅環境デザイン研究所
〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4
TEL: 04-7187-0802
FAX: 04-7188-4341
info@earthty.com

グラスランチハウス事業部(船橋)
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台6-18-2
TEL: 047-466-9884
FAX: 047-466-9854
info@grasslunch.com

アースティ事業部(我孫子)
〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4
TEL: 04-7187-0802
FAX: 04-7188-4341
info@earthty.com

お問い合わせはコチラ

・住所 / 千葉県我孫子市南新木3-2-4 ・営業日 / 9:00~17:00

04-7187-0802

TOP