環境共存エコ住宅

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

営業時間:9:00~17:00

環境共存エコ住宅

環境共存エコ住宅

環境共存エコ住宅

自然を生かす家づくり・今私たちにできること

住まいは建てるときも住み始めてからも、耐久年数を過ぎ解体するときも大量にエネルギーを消費し地球環境に大きな影響を与えます。私たちが新たに家を建てるとき、地球環境のことも考え、住まいの断熱化や長寿命高耐久住宅、ソーラーエネルギーや地熱エネルギー、廃棄エネルギーなどの有効利用し地球環境に負荷をかけない住まいづくりが求められています。

自然エネルギーと省エネ・エコ・環境共生住宅
まったなしの地球環境・今私たちにできること

img_environment01

●まったなしの地球環境

私たちを取り巻く地球環境が悪化している事は、近年の頻発する異常気象から肌身を持って誰でも感じ取れることです。大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度は産業が起こる以前は280ppmで安定していたが、エネルギー消費量の拡大と共に現在は、360ppm程度まで上昇しています。このままエネルギーを消費し続ければ大気中のCO2の濃度は上昇し続け、21世紀中ばには気温が1.5〜4.5℃程度上昇すると予測されています。気温の上昇は氷河が溶け、海水面や海水温度を上昇させ、異常気象の頻発を招き人的被害や農業や林業へ大きな被害の生態系の変化など様々な影響が考えられます。

自然エネルギーと省エネ・エコ・環境共生住宅
地球環境も考えた家づくり・省エネ・エコ住宅

●地球温暖化はなぜ起きる

地球は、太陽から届くエネルギーを地表面が受け波長の長い赤外線を宇宙空間に向けて放射します。二酸化炭素などの物質は赤外線を吸収し、その一部を地球に跳ね返す性質を持ち地球の温度が保たれます。これを「室温効果」と言い、その効果をもたらすガスを「室温効果ガス」と言います。私たちの生活は膨大なエネルギーの消費で支えられています。そのエネルギー源は石油や石炭などの化石燃料です。化石燃料は燃やすと室温効果ガスである二酸化炭素を放出させます。本来なら二酸化炭素は自然の循環の中で植物に吸収され平衡を保っているのですが、森林の伐採や化石エネルギー消費量の増大で、そのバランスがくずれ大気圏に二酸化炭素などの室温効果ガスが溜まり、地球に跳ね返す赤外線の量が相対的に増え地球温暖化をもたらすのです。地球温暖化の影響と思われる干ばつや砂漠化の増大、記録的な降雨による大洪水、過去の記録更新する夏の暑さなど、近年目に見える形で地球温暖化が進んでいます。

img_environment02

●地球環境も考えた家づくり

住まいは、建てるときも住み始めてからも大量にエネルギーを消費します。また耐久年数を過ぎ解体される時も大量の廃材だしその処分にエネルギーを消費し地球環境に大きな影響を与えます。私たちが新たに家を建てるときライフスタイルを見つめ、地球環境のことも考え、環境に負荷をかけない住まいづくりが求められています。これらの事は地球環境を守ると言う事から重要なことなのです。

img_environment03

自然エネルギーと省エネ・エコ・環境共生住宅
ヒートアイランド現象と大気汚染・環境に負荷をかけない家づくり

●ヒートアイランド現象と大気汚染

市街地では郊外や山間部の気温と比べて5℃以上気温が高い、都市部の温度を上昇させる原因は都市における自動車の保有台数や照明、冷暖房などのエネルギー消費量が急激に伸びたことにあり、気温の上昇は冷暖房エネルギーの消費を更に増やし悪循環を繰り返し、ヒートアイランド現象を引き起こしています。都市の中心部で温度が上昇すると、上昇気流が発生し循環風が起こります。この循環風が都市周辺の工場や自動車の排気ガスなどを引き込み都市部の大気汚染濃度が高まります。エネルギーの大量消費を続ければ都市部は地球温暖化の10倍のスピードで気温が上昇し大気汚染が進むと言われています。これを防ぐには生活全般のエネルギー消費を見直し抜本的に削減する以外にありません、建物の断熱化や気密化、自然エネルギーの有効利用など環境に負荷をかけない生活を選ばなければなりません。

img_environment04

自然エネルギーと省エネ・エコ・環境共生住宅
環境共生住宅・環境に負荷をかけない健康で快適に住まえる家

●環境共生住宅・自然を生かす

環境共生住宅とは、環境に負荷をかけない、自然の循環の中で植物や生き物の事や人が受け継いできた歴史や文化、周辺環境や土地の特性などを理解し、これらと共生できる家で、健康で快適に住まえる住宅を言います。私たちの住む地球の未来を考えたとき、家づくりは環境と共生できると言う発想も重要な要素です。

●地熱や太陽エネルギーを利用する

自然エネルギーの太陽熱や地中熱・風力を利用する太陽熱を集め冬の採暖、地中熱を地中に埋設したチューブで集め夏の採涼に使う、風力や太陽エネルギーを発電に利用する。

img_environment05

●自然エネルギー利用・エコ・省エネ住宅の施工範囲

<千葉県>
船橋・柏・我孫子・鎌ヶ谷・松戸・流山・習志野・市川・野田・千葉・八千代・四街道・成田・佐倉・酒々井・印西・白井

<茨城県>
取手・守谷・牛久・龍ヶ崎・藤代・つくばみらい・利根町

<埼玉県>
吉川市・草加市・八潮市・三郷市・その他千葉県近隣

<東京都>
江戸川区・葛飾区・足立区・その他千葉県近隣

失敗のない家づくり・いい家を探すお手伝い

●人の健康や暮らしやすい住環境を目指して(千葉のわかる館とグラスランチハウス)

住環境や地球環境の事について「いかに暮らすか」「どのような環境を選択するか」など、暮らしそのものの多様性、クオリティも、より質の高い価値が求められています。暮らし易いデザインやより良い住環境など、日々研究を重ねております。「失敗のない家づくり」「いい家」を探すために、千葉の住まいの勉強館「わかる館」や船橋「グラスランチ・ハウス」を訪ね、暮らしやすい住環境について学習する事を勧めます。

住まいづくりに関する
お問い合わせはこちらへ

住宅環境デザイン研究所

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

TEL: 04-7187-0802

FAX: 04-7188-4341

info@earthty.com

グラスランチハウス事業部(船橋)

〒274-0063 千葉県船橋市習志野台6-18-2

TEL: 047-466-9884

FAX: 047-466-9854

info@grasslunch.com

アースティ事業部(我孫子)

〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4

TEL: 04-7187-0802

FAX: 04-7188-4341

info@earthty.com

お問い合わせはコチラ

・住所 / 千葉県我孫子市南新木3-2-4 ・営業日 / 9:00~17:00

04-7187-0802

TOP