住宅リフォームの次世代住宅ポイントが発表になりました。|我孫子市のリフォームはソーケンアービック

2019/01/19 ブログ
我孫子 リフォーム

我孫子市では、以前から住宅リフォーム補助金が設けられ、ソーケンアービックでも毎年多くの方がこの制度を活用してリフォーム工事を行っていますが、この度、消費増税の対策として国土交通省から『次世代住宅ポイント制度』の詳細を発表されました。

 

消費税が10%へと引き上げられることにともなって打ち出された支援策で、新築に最大35万円、リフォームに最大30万円相当のポイントが付与される内容となっています。

 

対象となるのは、

①引き渡しが2019年10月以降となるもの。
②契約については、2019年4月~2020年3月以前に請負契約・着工したもの。
③閣議決定~2019年3月以前に請負契約を締結しても、着工が2019年10月~2020年3月となるもの。

となっています。

 

住宅リフォームの対象となる工事については、

①断熱回収
②エコ住宅設備の設置
③耐震改修
④バリアフリー改修
⑤家事負担軽減設備の設置
⑥リフォーム瑕疵保険の加入、インスペクション実施
⑦若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円以上のリフォーム

 

リフォームのポイント上限は30万ポイントですが、⑦については、上限の特例がもうけられ、若者・子育て世帯がリフォームを行う際には、最大45万ポイント、既存住宅を購入してリフォームをおこなう場合は、60万ポイントに引き上げられます。

 

住宅の新築・リフォームに対してのポイント付与は、平成21年~平成25年までの間行われ、消費者にとっては、優遇税制よりもわかりやすい制度として、多くの方がポイントを利用して住宅のリフォームや新築に活用されました。