柏・我孫子の真夏日や熱帯夜の乗り切り方

2019/08/03 ブログ
ひまわり

柏や我孫子も先日の梅雨明けから、毎日真夏日や猛暑日、夜は熱帯夜と、暑い日が続いていますが皆様どのように対応しているでしょうか?

 

エアコンで室温を下げて、不要不急の外出は避けるのはもちろんですが、ちょっとしたアイディアや工夫でも、過ごしやすく、省エネにもつながります。

 

簡単なことからお話しすると、必要以外の時は、雨戸やカーテンを閉めっぱなしにすることです。

部屋が暗ければ、電気をつけたほうが、エアコンの温度を下げるよりは省エネです。

 

また、エアコンと併用して、サーキュレーターや扇風機を併用して、部屋に風を作ります。

人の体感温度は、風速1mで、1℃下ると言われていますので、風を作りながら、冷えた空気を他の部屋にも運ぶことが出来ますので、一石二鳥といった感じです。

 

ちょっと手間がかかりますが、その他には、窓の外にすだれや日よけシートを置き、遮光します。

室内でカーテンで遮光するより、外で行ったほうが、より効果があります。

 

他には、夕方の打ち水なども、気化熱によって地上の熱が奪われて、結果的に涼しく感じます。

 

出来れば、すべての事を行いながら、もちろんエアコンも使用して、電気をケチりすぎると熱中症人る恐れもありますおで、ここは我慢せず、身体の健康を第一に考えて乗り切りましょう。